公社について

業務内容

栃木県土地開発公社は、「公有地の拡大の推進に関する法律」に基づき以下の業務を行っています。

土地造成事業

産業団地や住宅団地の造成・分譲・賃貸(事業用借地権)を行うものです。

現在実施中の事業はこちらをご覧下さい

公有地取得事業

公共事業に必要な事業用地及び代替地の先行取得を行うものです。

あっせん等事業

国や県等の委託に基づき、土地の取得や調査を行うものです。

<栃木県県土整備部>

● 一般国道408号(高根沢町)

● 一般県道結城石橋線(上三川町)

● 主要地方道鹿沼足尾線(鹿沼市)

● 一般国道294号(真岡市)

● 一般県道飛駒足利線(佐野市)

● 主要地方道佐野田沼線(佐野市)

<栃木県教育委員会>

● 日光杉並木街道保護用地公有化事業 (日光市)

● 日光杉並木街道保護用地準備調査 (日光市)

組織/設立・沿革

組織図

設立/沿革

<設立の目的>

公共用地、公用地等の取得、管理処分、工業団地の造成等を行うため、栃木県の全額出資によって設立された特別法人です。

<沿革>
昭和36年4月 財団法人栃木県開発公社設立
昭和50年4月 公有地の拡大の推進に関する法律に基づき、特別法人として栃木県土地開発公社設立
昭和55年3月 財団法人栃木県開発公社を解散し、工業団地等の造成事業等一切の業務を特別法人栃木県土地開発公社が引き継いだ。
平成24年4月 栃木県住宅供給公社及び栃木県道路公社と管理部門の統合実施。
(3公社を総称する呼称「栃木県地域づくり機構」となる。)

アクセス

<JR宇都宮駅西口から>

徒歩約15分

関東バス 駒生営業所方面、戸祭方面行き乗車「宮島町十文字」下車、徒歩5分

<東武宇都宮駅から>

徒歩約20分

関東バス JR宇都宮駅行き乗車「宮島町十文字」下車、徒歩5分

情報開示