しもつけ産業団地

概要・優遇

アクセス・周辺情報

下野市とは

しもつけ産業団地は、宇都宮市の南に隣接する下野市に開発計画し、新4号国道に近接しています。

セールスポイント

1 ,抜群の交通アクセス、充実の広域交通網!!

北関東の中央を横断する北関東自動車道宇都宮上三川インターまで約15㎞。
東日本を南北に貫く広域幹線道路である新4号国道(6車線化完了)に近接。
圏央道の整備により東海・関西地方へのアクセス環境が向上。
日本最大の消費地、東京から約85㎞

2 , 事業を支える豊富な労働力

隣接の市町(宇都宮市(52万人)、栃木市(16万人)、小山市(17万人)、真岡市(8万人)、上三川町(3万人)、壬生町(4万人))と下野市(6万人)の人口を合わせると100万人を超える人口。

3 , 災害に強い栃木県

大規模な自然災害リスクが少なく、安全・安心の操業を実現。